*All archives* |  *Admin*

2010/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5W5D~5W6D ダウン
5W5D 4月26日(月)

就寝中にトイレでリバース
1日中ベッドから出られず・・・会社も休みました。

5W6D 4月27日(火)

今日も有休取得。とにかく胃が痛いので、Hクリニックの指示により、近所の胃腸科を受診。
「妊娠中に飲める薬はあまりおいてないし(院外処方なんですが・・・言い訳?)
弱くて効かないかも、産科にいったほうがいいんじゃない?」と言われ、
卒業したら行く予定の産婦人科へ電話して、タクシーで行きました

うわさには聞いていたけれど、それ以上に豪華だった産院に着いて、
受付に話をすると、「お辛そうなので、すぐに診察に回しますね」と言われてちょっと安心。
診察後、つわりに効くという点滴。
看護師さんに最初胃腸科に行った話をしたら
「産婦人科以外のお医者さんって、妊婦さんに出す薬の知識がないのよねぇ。」
やっぱり、胃腸科の先生は言い訳だったんだ。

妊娠中に病気になったら、産婦人科に行くべし、なんですね。

激しい胃痛の原因は、
24日がだんなの誕生日でフレンチをきちんと食べたことと、
25日の昼にラーメンを食べたこと。
弱っている胃に負担をかけてしまったことでした。

とりあえず、胃の痛みは治まりましたが、普通につわりしてます。
食事は半人前におさえます。
スポンサーサイト
5W3D つわり開始?
どうやら始まったみたいです。
常に胃がムカムカ、はきそうではかないって感じ。
一度にたくさん食べられず、空腹だと気持ち悪いです。

肉体的には辛いものがあるけれど、
精神的には、ゴールの見えない不妊治療でイライラしていたときよりも、
だいぶ落ち着いている。

がんばれ・・・

5W1D 胎嚢確認
5W1D 4月22日(木)

前回に引き続き寒い雨の中を通院。
風邪をひいたら大変!なんで、カイロ付けて出発。

前に妊娠したときは、もう少し体調が悪くて、
それに比べたらつわりはかなり軽いので、
不安でしたが、

1cmの胎嚢が見えました

内診後、院長先生に
「来週か再来週に紹介状書くから、考えておいてね。
早くしないと予約取れないからね」と。

前に妊娠したときは総合病院で、次もココと決めていたのに、
なんと!メインの先生が独立開業してしまい、産科がなくなってました・・・。

ので、新しい候補は二つ。

できれば、大学病院に行きたかったのですが、聞いてみたところ、
総合周産期母子医療センターなので、
ハイリスクで他の産院の紹介がないと受け入れられない、とのこと。

もうひとつは、2駅+送迎バスで行ける大規模な個人病院。
ホテルみたいに豪華。
こちらはまだ予約開始していないとのこと。

他の人のブログでは5Wで希望の産院に予約できなかったと書いてあったので、
あわてたけれど、とりあえず、行けるところがあってほっとしました。

5W2D 4月23日(金)

昨日からくしゃみや喉の違和感など、風邪の予兆。
本格的にひいたらまずいので、今日からマスク着用です。
5W0D 明日胎嚢確認
月曜日、火曜日はフツーに仕事できました。

しかし、今日は・・・

遅番で11:30に出勤すればいいことに、2度寝して、
結局、9:30まで寝てしまった

トータル9時間は寝ているのに、
今(18:30)なんと・・・目の下にクマ発見!!!
感じているよりも疲れているんでしょう。

明日は胎嚢確認。
とても、どきどきです。

4W3D HCG値は?
4W3D 4月17日(土)

土曜日なので、久々にだんなと一緒に通院。
まず、hcgの値は

425.6(BT10)

クリニックのデータによると、BT11前後で
100を超えると「妊娠」と判断され、
200~500だと20週まで継続する可能性は80~95%とのこと。

何も見えるわけがないのに、何故か内診???
HCG打って、膣座薬7日分もらって終了。

座薬もらえてよかった
黄体機能の悪い私には命綱のような気がする。

11時に受付して12時15分に終了。
その後はだんなと池袋でランチ。

帰宅後は疲れて爆睡

4W4D 4月18日(日)

朝起きたら胸の張りを感じた。
いつもだったら高温期後半から胸が張るのだか、
今回は今日から。

今日は一日家でノンビリ。
常に眠かった・・・。
家事をしては昼寝、パソコンしては昼寝だった。

明日から8時間働けるのだろうか?
D32 判定結果
BT11、排卵後(高温期)16日目

12:00にクリニックに電話

院長先生「妊娠してるよ。明日か月曜日にきてね」

以上でした。
数値は明日わかるし、ま、いいか

これからいくつもハードルはありますが、
ここ3日間、結果が気になり熟睡できなかったので、
とりあえず眠れるのが嬉しい

いつもの生理前と違ったのは、片頭痛がなかったこと。
3年前に自然妊娠したときもそうでした。

黄体補充をしていても、陰性だったときは頭痛に襲われたので、
今回は大丈夫かな、と思ったり、
補充が十分だから大丈夫なのか、と思ったり、
仕事など手に付かず、検索魔でした

今からちょっと落ち着きモードです。

(コメント欄は閉じさせていただきますす)
D30 判定日
BT10、排卵後15日目

読者のみなさんもドキドキ
私はもっとドキドキの判定結果は・・・










明日の12時に電話して下さい!
とのことでした。

検査は外注で、すぐにはわからないのは知ってたけれど、
hcgだとちょっと時間がかかるんですね。

P4(黄体ホルモン)は確か3時間後くらいに結果がわかりました。

前々院のように、市販の妊検でもできるような、尿検査して5000円取られるよりはず~っといい。
D29 出血とまる
BT9、排卵後14日目

出血はD27の一日でおさまりました。
明日が生理予定日、そして判定日です。
今日判定に行ってもいいんだけど、明日ならば遅番で休みとらずに通院できるので。

有給休暇は大切!
でも、落ち着かないなぁ。今日行けば良かった。

D27 出血?
BT7、排卵後12日目。
Yクリだったら判定日ですが、HクリニックはBT9~BT11です。

朝起きたら、10円玉台の茶色のシミが・・・(リアルで申し訳ありません
日中は収まっていたけれど、夕方頃もう少し大きな茶色のシミが・・・

膣座薬のせいかなぁ?
入れるときに痛みはないんだけど。

生理前のように体が重くなってきた気がする。
D20 移植
D20 4月5日(月)

今日は移植&鍼へ。
移植は診察、安静も含めて10:10受付~11:40会計ととてもスピーディー!
9時に家を出て、昼前に終了ってホント楽でした。

最初は診察。
予想どおり、院長先生に「P4値ギリギリ」と言われました。
基準値が5以上で5.28だったので・・・。
HCG注射せず、自力だったら完全にアウトでしたね・・・。

10:30に安静室に案内されて、着替え、手術室に移動。
手術室で培養士さんに卵の説明をしてもらい、
そのあとすぐに院長先生が入ってきて移植。

終わったらストレッチャーに自力でのり、安静室へ。
HCGの注射を打たれ、30分の安静です。
採卵のときは意識モーローとしていたから何も感じなかったけれど、
元気なのに運ばれるって不思議な感じ!!!
安静終了後にお茶とビスケットがでます。
お茶といってもティーパックですが、なんか用意してもらえると美味しく感じます。

身支度を整え、院長先生から薬をもらって終了。
膣座薬を、朝と就寝前に入れ、約10日後(9~11日後のどの日にいってもいいらしい)
に判定です。
膣座薬は嫌がる人が多いらしいけれど、服薬よりいいですね。
デュファストンとピルを服用してた時は胃の調子が悪くなったので。
しかも、服薬だと血液を通してなのに、膣座薬だと子宮に直接働きかけるので、
一番効果があると考えているそうです。

最後にちょっとランチしてから、鍼治療。
前日の寝不足(採卵、移植前ってなぜか眠れない)もあって、
心地よくだるくなり、帰りの電車で爆睡

あとは施術士さんに言われたとおり、ストレスをためないように、
培養士さんに言われたとおり、卵の成長を想像するように、です。
D18 移植決定!
D18 4月3日(土)

今日は採血、HCG注射、SEET法、そして培養士さんのカウンセリングです。
採血結果は、

P4=5.28

5以上がOKなので、ぎりぎりセーフ!
今後はP4少なくても、院長先生が手をうってくださるはず。

最後はだんなと合流して、培養士さんのカウンセリング。
質問はただ1点、戻す胚盤胞は1個2個か?
夢では必ず1個ですが、Hクリニックの院長先生のブログをみると、2個の人も結構いる。

培養士さんいわく、妊娠の条件は2点、
卵の質
子宮環境


卵の質は凍結胚盤胞4つ中3つは良いらしい。
グレードは、例えば「4BB」と表わされる。
最初の数字は1~6で成長具合、数字が大きいほど成長が早い、
これは特に気にしないらしい。
最初のアルファベットは内細胞塊(赤ちゃんになる部分)の細胞数、
次のアルファベットは栄養外胚葉(胎盤になる部分)の細胞数を表し、
A~CでAが一番多くて良い。
これが「BB」以上だと良く、「C」が入ってしまうと、確率がちょっと落ちるらしい。
詳しくは→

そして子宮環境は、ホルモン値だけでは表せない要因がある。
例えばストレスが多いと子宮環境が悪くなるといったように。
決定打は、妊娠の経験があることで、これは子宮環境が悪くないという証拠。

そして、2個だから2倍になるわけではないということ。

結局、多胎を防ぐためにも、強く「1個移植」を勧められました。

すんなり決まってすっきりした後は、だんなとランチ&花見。
ランチは採卵のときのサンドウィッチ差し入れのフレンチ「アンフォラ」へ。
(写メ忘れた
だんなはパスタ、私はカレーライスを食べました。
カレーライスは小麦粉と水を使わず、21種のスパイスを調合したチキン&ジャガイモのカレー。
サラダとカレーで900円、昼からグラスワイン500円、リーズナブルです。

そのあと新宿御苑へ。
印象に残ったのは「ゲンペイモモ」
ゲンペイモモ


同じ木から紅(濃ピンク)白の花が咲いてます。
気候によって配色が変わるそうです。

今年は自分の都合とサクラの都合がぴったり合って、
満開の桜を見ることができ、ラッキーでした


猫と花のカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者数
プロフィール

ココ36号

Author:ココ36号
37歳事務
趣味:クラシックバレエ、ヴァイオリン

☆治療歴等☆
2007年2月
自然妊娠→初期流産(9週)

2007年10月
治療開始(近所のKクリニック)
タイミング3回→陰性

2008年 3月
転院(県内Mクリニック)
採卵1回BT2回→陰性

2008年6月
再転院(Yクリニック)
採卵4回、移植1回
→hcg微量

2009年6月
お休み
その間ボー○スクイズと鍼を1周期に1回ずつ受ける

2009年12月
再々転院(Hクリニック)

2010年1月
次周期採卵に向けてカウフマン療法

2010年2月
誘発採卵→胚盤胞4個凍結!

2010年4月
胚盤胞移植→陽性反応

2010年5月
卒業後、産院で双子発覚!大学病院へ転院

2010年11月
18日双子王子誕生!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。