*All archives* |  *Admin*

2009/01
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D14 第2ステージ(?)に進めるか?
1月10日(土)
09:55 到着(90番台)
14:00 会計¥7,671

E2=445

今日は久々院長先生。しのたんと二人体制で、時間かかりました・・・。

今日も内膜が厚く(8mm以上)、卵胞が8mm以下でOKです。

まず、内診から・・・

内膜=7.7mm
良くはないけれど、中止はないだろう・・・)

内膜の形状がおかしい・・・

通常リーフ状で、真中に一本白い線が見えるんだけど、その線上に白丸が・・・
院長先生、矢印つけてスルーです。

がーん、ダメ(中止)かも・・・)

次に
 院長先生「あれー卵胞見えてる。。。」

The Endか・・・)

 「いや、内膜症か。いつも見えてたよね?」

セーフか。良かった)

でも、内膜の形状が気になって、診察呼ばれるまで落胆の気持ちでいっぱいでした。

前回は内膜きれいだけど、卵胞育って中止、
今回は卵胞育ってないけど、内膜の形状悪く中止・・・

にはならず、「壁にポリープがあるけれど、これは移植には問題ない」と言い切っていただき、とりあえず第2ステージ(デュファストン服用)に進めました。

10日15時からジュリナ1錠、11日23時からデュファストン2錠を
7時、15時、23時に服用

になりました。

7時起床、23時就寝なので、この2回は問題なしですが、15時は危険・・・
携帯のアラーム大活躍です。

皆さんからのアドバイスを参考に、パイナップルで内膜フカフカに、腹巻きでお腹温めて、移植に備えます
スポンサーサイト
猫と花のカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問者数
プロフィール

ココ36号

Author:ココ36号
37歳事務
趣味:クラシックバレエ、ヴァイオリン

☆治療歴等☆
2007年2月
自然妊娠→初期流産(9週)

2007年10月
治療開始(近所のKクリニック)
タイミング3回→陰性

2008年 3月
転院(県内Mクリニック)
採卵1回BT2回→陰性

2008年6月
再転院(Yクリニック)
採卵4回、移植1回
→hcg微量

2009年6月
お休み
その間ボー○スクイズと鍼を1周期に1回ずつ受ける

2009年12月
再々転院(Hクリニック)

2010年1月
次周期採卵に向けてカウフマン療法

2010年2月
誘発採卵→胚盤胞4個凍結!

2010年4月
胚盤胞移植→陽性反応

2010年5月
卒業後、産院で双子発覚!大学病院へ転院

2010年11月
18日双子王子誕生!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。