*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BT7 判定日
携帯から速報。

お会計 ¥3,780

残念ながらhcg=3.6でダメでした…
お薬は全て中止。
院長先生も学会のため早退していて、詳細は後日です。
こうなったら、プラノバールも打ち切りになったので、異常妊娠ではないこと、早く生理がくることを祈るのみです…
スポンサーサイト
BT5 BT6 とうとう明日・・・
今日はBT6。
判定日は明日に迫りました。
長いですね・・・。
クスリの副作用以外、体調変化なしです。

誘発採卵前と移植判定前ってバレエできないのが辛い。
陽性反応が出てからの安静だったら我慢できるんだけどねぇ。

前院での過去2回の移植は、いずれも真っ白の陰性。
1回目は「当院は胚盤胞1つ移植が基本」とか言ってながら、新鮮胚盤胞と新鮮桑実胚を移植。
2回目は5日目には桑実胚になっていないと言ってたのに、6日目に胚盤胞になったという怪しげな凍結胚盤胞を移植。

こんなインチキ医者の実績はあてにしないほうがいいか、と慰めてます。

それと、人生でただ一度、自然妊娠した(→初期流産)時の兆候は、

生理予定日前日でも体が重くならない、疲労感がない
(=生理前だとほぼ体が重く、疲労感あり)

でも、今日は換算するとまだ高温期12日で、わからない。
今からフライングではわからない(hcg出てたとしても微量なので、朝一の濃い尿じゃなきゃ反応しないでしょう)

もう、明日を待つしかないです
BT3 頭痛再発 BT4 気分爽快!
1月21日(水) BT3
すっかり治ったと思った頭痛が再発・・・。目の奥、耳も痛い。
会社に行ったが、仕事が手につかない。でも遅番なので早退もできない・・・がなんとか我慢。
とりあえず早寝。

1月22日(木) BT4
昨日の頭痛がウソのように気分爽快!!!
こうなると、バレエに行きたい、ちょっと走りたい、でも我慢。
でも、タリーズでカフェモカ飲んじゃった。ちょっとストレス発散です。
お酒は我慢できるんだけど、コーヒーって「妊婦は絶対ダメ!」というわけじゃないので、決断できないんです・・・。

とうとう判定待ち後半戦に突入です。
BT1 頭痛 BT2 めまい、吐き気
HR周期で移植だったので、もうお腹の中では決まっている???

1月19日(月) BT1(移植翌日)
熟睡したのに疲れがとれない。
会社は代休なので、12時からヴァイオリンのレッスンに・・・。
立ってレッスンを受けるせいか、めまいが・・・。
帰り道の電車内で頭痛が!でも、いつものバファリン飲めないよ~。
15時の薬から19時の薬までお昼寝・・・なんとか頭痛は良くなり夕飯。
偏頭痛じゃなくてよかった。偏頭痛だと便器かかえてゲロゲロなので(汚い表現でゴメンなさい)

1月20日(火) BT2
今日も昼過ぎから歩いているとめまいが・・・。
移植前から同じ症状が時々ありました。
ジュリナじゃない、プラノバールは苦手じゃない、となると、犯人はデュファストン?
頭痛、めまい、吐き気・・・全てあてはまります。
頭痛も気にしないようにしよう!
D22 BT0 果たして移植は???
今日は移植予定日。 4日前の診察ではE2値が高くて移植に黄信号が灯りました・・・



















が、
無事に移植できました!

07:45 到着(20番台)
08:15 採血
10:00 診察(院長先生)
11:30 再受付
12:20 培養士さんによる説明→5階へ
13:30 移植
13:35 移植終了
14:20 会計¥1,102

E2=171, P4=0.5, FSH=3.5, β-hcg=0.0, 内診なし

前回診察(D18)ではE2が調べた範囲では最高記録!(309)でしたが、
なんと171まで下がり、D14(E2=445)の半分以下になり合格でした。

まぁ、でもマイナートラブルはいくつかありました。

まず、再受付時間の変更
当初は12:20と指定されましたが、なんと、これからランチを注文しようという11:10に夢クリから電話があり、「移植の予定が早まりましたので、11:30に戻ってきてください!」と言われ、銀座から走って戻りました。急なので少し遅れてもかまわないと言われたので、夢クリ近くのプロントで食べて10分遅れの11:40に帰院。バレエで鍛えた健脚(?)が活かされましたしかし・・・バレエのお陰で代謝が良くなった分、この寒い中でもものすごい汗をかき、下着がどうしようもないことになってました

次に手術台でエコーが映し出されてから・・・
「子宮になんか白い影があるなぁ。ううん・・・。」
(ここまできて中止か・・・でも、前々回診察時、移植には問題ないって言ってたじゃん!)なんて思ってたら
「移植には問題ないか。内膜薄いなぁ、8mm、ノーマル!」
もう、脅かさないでください。寿命が縮まりましたヨ多くの患者さんを秒察なので、覚えてなくて当然ですよね。

参考のために愛しの卵ちゃん
胚盤胞

5日目胚盤胞(122hで凍結)
AHあり
グレード3(凍結前より下がってしまいました)

ちょっとブレてますが。
だんなに「○○くんのJr.だよ」って見せたら、「ブサイクだね」と言われました。
もちろん、「○○くんに似ちゃったんだねぇ」と言い返しておきましたヨ。

こんな姿からわが子を見られるなんて、体外受精している人だけですね。
そう思うとちょっと嬉しい!

判定までリラックスです。
服用スケジュールは・・・変更なし
_ デユファストン2錠 ジュリナ1錠 プラノバール1錠
7時 _
昼食後 _ _
15時 _ _
19時 _ _
23時 _ _
猫と花のカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者数
プロフィール

ココ36号

Author:ココ36号
37歳事務
趣味:クラシックバレエ、ヴァイオリン

☆治療歴等☆
2007年2月
自然妊娠→初期流産(9週)

2007年10月
治療開始(近所のKクリニック)
タイミング3回→陰性

2008年 3月
転院(県内Mクリニック)
採卵1回BT2回→陰性

2008年6月
再転院(Yクリニック)
採卵4回、移植1回
→hcg微量

2009年6月
お休み
その間ボー○スクイズと鍼を1周期に1回ずつ受ける

2009年12月
再々転院(Hクリニック)

2010年1月
次周期採卵に向けてカウフマン療法

2010年2月
誘発採卵→胚盤胞4個凍結!

2010年4月
胚盤胞移植→陽性反応

2010年5月
卒業後、産院で双子発覚!大学病院へ転院

2010年11月
18日双子王子誕生!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。